« 第45回 自分の仕事や出会いを「物語」として書いちみんか? | メイン | 第47回 タイガーマスクを、見習ってみんか? »

2010年12 月10日 (金)

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

窪木 明子

コメントを投稿するのは初めてですが、
感じることがあって、記載させていただきます。

御社から今期「職サークル」のお話しをお伺いしたときからこれまで、正直かなりのプレッシャーでした。
もちろん想いには共感しつつも、課されたことの大きさと自分の現状とにさらにその重圧が大きくなっていました。

この中途半端な状況で、志を同じくするメンバーにはとても加われないと思い、現在に至っていました。
ですので、職サークルに名前はあっても、実際には「開店休業」のようなこの状態に、申し訳なく思っていました。

でも、本日の釘崎さんのコラムを読んで、その考えが少し変わりました。
今の自分でも、できることはたくさんあって、今取り組んでいることを一生懸命やっていくことでも、学生さんにとっては大きな意味があるのかもしれないということ。

先日行った採用イベントにおいて、今年の新入社員達から私が行った面接が、どこよりも自分を知ろうとしてくれて、自分を出すことができた、と言ってもらいました。正直誰からも「面接のやり方」を教えてもらったことがなかったので、これまで自分のスタイルを考えながら、悩みながら続けてきた面接が、学生さんに何かが伝わっているということ。

自分の経験を話し、合否に関わらず真剣に学生さんに対してアドバイスをしてきたこのこと自体にも、関わった相手にとっては意味があり、そういう形であっても「若者達を見守り育てる」ことに繋がっているのかもしれないなと思えました。

直接的には自社の採用活動に成果を残すことであっても、それを通り越して自分自身が自分に関わった学生さんと、ちゃんと真剣に向き合うこと。この当たり前のことを続けることで、「職サークル」の一員としての使命を果たしていきたいと思います。

大きな活動はできないかもしれませんが、自分なりのやり方で、頑張っていきたいと思います。

これからも引き続き、よろしくお願いいたします。

この記事へのコメントは終了しました。