« 職サークル・メルマガ:社会の扉の向こう ★vol.35 2011/07/06 | メイン | 職サークル・プレメルマガ 就職活動準備号★vol.1 2011/07/13 »

2011/07/13

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

ホスピタリティ稲葉賢治

土田さん、いつも学生支援有り難うございます。

皆さんが彼女なら、これからどうしますか?
私は「どこでもいいから必要とされる企業に入った方がいい」と思います。

これは、彼女に言うつもりの言葉ではないと思いますが、考えとして、「どこでもいいから」ではなく、「きっとあなたを必要としている企業があるから、それを見つけよう。」ではないかと私は思います。
どんな状況でも、「どこでもいい」ことはないと思います。
言葉尻の補足話でしたらごめんなさい。

土田さんの真摯さにいつも学ばせていただいています。 稲葉賢治

土田

意図としてはおっしゃる通りです。
私は、選り好みして就職浪人とかするくらいなら、新卒で「どこでもいい」から入った方がいいと思っています。

この記事へのコメントは終了しました。

職サークル

職サークルTwitter軟式アカウント


  • Twitterボタン